日曜日は憂鬱

ゲームしたり作ったり絵描いたりweb作ったり

ファイトリーグ感想 まあ糞ゲ

XFRAGの新作対人ボードゲーム ”ファイトリーグ”についての感想。

まあ純粋な感想や、思ったことをつらつら書いていくので、詳しいゲームの説明はしないが、サモンズボードとシャドバとモンストのソシャゲシステムを取り入れたような対人スマホアプリである。

このゲームは事前情報を全く出しておらず、ただただ「タッグバトル」を推していたイメージで、急に配信が決定されたのでとりあえずDLしてみた。

まずチュートリアルが糞。

DLが終わるといきなりチュートリアルが始まるのだが、なにをやっているのだかよくわからなかった。(自分の理解力の無さが悪いのだが)

恐らく原因は、チュートリアルのくせに状況が戦闘の途中から始まるせいだと思う。

盤面を取り合うボードゲー(カードゲームに近い)なのに、説明もなくモンスターが最初から配置されていたら、混乱するだろこんなん。

まあ、チュートリアルだりーって人の離脱率を下げるための対処なのかもしれないが、「うちのゲーム、テンポックッソ悪いんだけど、説明はすっごい省略するからちょっと見てってよ!」って言われてる感じである。

そしてその”ちょっと”の感覚の人は、次の無理やりやらされるCPU戦で(デッキも自分で選べない)ボッコボコにされてアンインスコするのだろう。

とまあ、まず新規IPとしてゲームを「面白いよコレ!」 と思わせるべきのチュートリアルー初戦、あたりがグダグダであり、細かいシステムが多いわりにゲーム場で確認できる場所が少ないという点で、警告:-1145141919893点・・・

 とまあ新規にはきついが多少こんな感じの、ボードゲーやらカードゲーをやった人ならちょっとはシステムは理解できて、「じゃちょっと、デッキ組んでみっか」となり、ファイター一覧(シャドバでいうフォロワー、ハースでいうミニオン)を確認する。

・・・ん?生成がねーぞ?となるわけだ。

(他の対戦システムのあるボードゲーをやったことないから知らないが結構普通なのかな?)

デッキを組む対戦ゲーで、組むカードが生成できない、つまりは理想デッキの最低金額を出せない状況でガチャを引かなきゃいけないというソシャゲ界の糞と汚物の塊のようなシステムは、まあ最悪だが置いとくとして、となると被ったキャラはどーなるんだろう、っと思うんですよ。

そして真実を知るために、ガチャを引くわけですね。(このガチャの確率もかなりの渋さである)

すると・・・・・・・・・・・・・・

キャラが被ると、よくわかんない星が増えていくんですよ!!!!!!!!!!!!

で、この星は”センス”って書いてある。もうこの時点であんまいい予感がしなかった。

そして調べると、

センスが高いほどクリティカル率が上がる・・・・・・・・らしい

クリティカル率・・・?クリティカルってなんだ???お前・・・まさか・・・

なんて思ってたら、そのまさかでしたよ。

稀にクリティカルで、与えるダメージ100アップ!ごく稀に、激クリティカルでダメージ200アップ!!!

衝撃ですよね。ええ。まさかの対人ボードゲーで成長要素+ランダムダメージアップがあるとは。

まあ、確かにさ?ポケモンみたいにさ・・・逆転のチャンスがあった方が面白いとかあると思うよ、俺だってさ。

でもそれは、みんなが平等に持ってる確率だから面白い要素なんだよ!!!

なんで、それを成長要素に+するんだよ・・・。誰も喜ばないよ対人ゲーではよお・・・。

しかも面白いところがこのゲーム

モンストの降臨要素がある所

つまりは、CPUと戦って勝つと特定のファイターを確定で落としてくれるわけだ。

うん。優しい。優しいな。だってレアモンスターをタダでくれるんだろ?良心的じゃないか?

だがそれを、何回も何回も繰り返してセンスをあげて強くできるのが問題だ。

例えば、一体降臨で必須な奴がいたらどうする?みんなそれをマックスまであげるだろ?

対戦に時間を使わせろ

とまあ、カード周りはこんなもんかな。あとはハート様がUSの中でも群を抜いて強いのもちょっとアレだけど、その辺のアレは対人ゲーの常ではあると思うのでしょうがない。嫌だったら使えばいいんだし。強いぞハート様。つーか緑。つーか緑青。

そして問題のバトル本体である。

最初に話していたが、このゲームは「タッグバトル」推しであったと書いた。

そしてプレイをすると気づく。

なんだこのソロとタッグの格差は・・・。

まずこのゲームは半ばカードゲームみたいなシステムで、シャドバやハースのような、チームごとでしかデッキを組めないシステムである。(エルフデッキ、ドラゴンデッキ。パラディンデッキ、メイジデッキ、のような)

このゲームもブランドいうジャンル分けがされており、通常だと1

ブランドと、フリー(ニュートラル枠)からしかデッキを組むことができない

が、しかし

このゲームはタッグを組むと異色混合デッキが組めるのである。

つまり、ソロは戦略の幅はほぼ一辺倒、タッグだと色々なコンボができる夢無限大なデッキが作れるわけである。

しかもこのゲームにはファイターのレア度が存在し、その最上位に値する”US級”というカードは、デッキに1枚しか入れられない。そのカードパワーは計り知れない、が

そのルールすら無視して タッグはUS級を2枚にできてしまうのだ。なんだこりゃ。

しかし、ぼっちいじめは戦闘部分だけではない。

このゲームは戦闘報酬というものがあり、バトルに勝つとファイターが一体もらえる。

この戦闘報酬で弱い奴らを集めたり、先ほどのセンスを高めていくのだろうが、この報酬なぜかタッグだと+一体多くもらえる。ちゃんと二人とも。毎回。

あとスマホゲーでよくある、ミッションとかにもタッグ限定とかある。ぼっちカワイソス。

自分みたいにタブレットを持っているぼっちなら、自作自演で2つのデッキを操ればいいんですけど、モンストで多い学生たちや、通勤暇つぶし親父OL達は正直厳しいと思うんですよね。

だったら別に、近くの人とタッグ組まなきゃいいだろ、ネット原始人かお前は、と思うじゃないですか?そう思いますよね。

なんとこのゲーム、タッグ相手のQRコードを読み込まなきゃタッグ組めないんです。

ああ・・・アドバンスの通信ケーブルを思い出すなあ・・・。

じゃあ、それスクショして送れよ、スマホ初心者か?と思うじゃないですか。

なんとこのQRコード、動いてて画像じゃダメなんです。

いやまあ、試してないのでなんとも言えませんが。QRコード自体が常に更新してるみたいなのを聞いた気が。(ここは適当。ナ~イス!)

つまりは、XFRAGはこのゲームをコミュニケーションツールとして、ぼっちに友達の輪を広げて欲しい!って気持ちがひしひし伝わりますね。いい会社だあ・・・。

まあ大半の大人達は、左手にスマホを、右手にタブレットを。の二天一流で戦ってると思うんですけどね。

とまあつらつら、書いてみましたが他にも多分不満部分あると思うんですよね。うまいことアウトプットできていないだけで。ウンウン。

 

以上。